森ビル代表取締役社長 辻慎吾さんの経歴を調べました

ヒルズ族の言葉が飛び交い、青年実業家の憧れとして六本木にそびえ立つのが六本木ヒルズです。他にもラフォーレ原宿、表参道ヒルズなどの有名不動産を手掛ける森ビル株式会社。その森ビル株式会社で代表取締役を務めるのが辻慎吾さんです。今回は辻さんの経歴について調べてみました。

辻さんの経歴

辻さんは1960年9月9日生まれ、今年60歳の辻さんは広島県広島市の出身です。大学時代はバックパッカーとしてヨーロッパに2か月滞在した他、飛行機のトラブルで大学院の卒業式に出られなかったという苦い経験をお持ちだとか。横浜国立大学大学院を修了すると、1985年に森ビルに入社します。この当時はアークヒルズが開業する直前で、森ビルが大規模再開発を行い始める時期でもありました。大学院では都市計画を専攻していたこともあり、こうした再開発に参加していたようで、新入社員の時から直訴したこともあり、表参道ヒルズや六本木ヒルズの再開発に参加します。完成するまでに10年以上もかかった再開発、一番大変だったのは地権者への交渉でしたが、それをうまくこなしたことで、それぞれの再開発が成功します。2001年にはタウンマネジメント準備室担当部長2006年には取締役としてタウンマネジメント事業室長に就任した他、2009年には副社長になります。社長になった大きなきっかけはタウンマネジメントという新たなビジネスを見出したことです。六本木という街を六本木ヒルズを利用してどこまで素敵な街にしていくのかをうまくコーディネートしたことで、創業者一族だった当時の森稔社長に認められ、社長に抜擢されました。その後の森ビルは、虎ノ門ヒルズや銀座にあるGINZASIXなどを開発し、森ビルの名前は誰もが知るところとなっています。2018年には国土交通大臣表彰を受賞するなど、その活躍は今も続いています。

まとめ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ディベロッパー企業の社長である辻さんの資産は相当のものでしょう。あの規模で非上場会社ですから1億円以上の年収があったとしても不思議ではありません。再開発をあらかた終えたものの、市街地の再開発はまだまだ続く可能性があります。中国への進出など様々なことにチャレンジを行う辻さん。街づくりは今も現在進行形で行われており、完全に完成を迎えるという時期はなかなか訪れません。辻さん率いる森ビルの挑戦はまだまだこれからであり、今後の動きに注目が集まります。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL