株式会社patersの若手女社長、日高亜由美はどんな方?経歴やきっかけは?

株式会社paters(ペーターズ)はリリースから1年半で会員数30万人を突破するマッチングアプリを運営しています。
ただ男女が出会う婚活アプリのようなマッチングアプリではなく、夢を追いかける女性とその夢を応援する男性が出会うことができる少し珍しいアプリです。
なぜ日高亜由美さんがマッチングアプリを作ることになったのでしょうか。

日高亜由美の経歴やマッチングアプリpatersを作ったきっかけ

1994年生まれの日高亜由美さんは高校中退後、18歳のときにカメラマンになるため上京しました。
たまたま縁があり起業を目指す人が集まるシェアハウスに住むことになり、そこでプログラミングを教えてもらいながら死に物狂いで勉強します。
学歴もお金もありませんでしたが、周囲には日高亜由美さんを応援してくれる先輩がたくさんいたため人脈が築けました。
そして起業をしようと思った時には日高亜由美さん自身、周囲に助けられ応援してもらったことが頭に浮びました。
お金がないなど現実的に難しい状況であっても夢を掴める人が増えてほしい。
そのような思いから日高亜由美さんが考え付いたのが、応援する人と支援する人が出会えるマッチングアプリでした。
まさにシェアハウスでの出会いが株式会社patersを設立するきっかけとなり、日高亜由美さんの人生を変えたのです。

マッチングアプリpatersの特徴は?

男性と女性が出会うと聞いたらまずは出会い系のマッチングアプリを想像する人が多いでしょう。
ただ日高亜由美さんが作ったのは、ただ純粋に夢を叶えたい女性と応援したい男性が出会えるアプリです。
ただどうしても男女の出会いが絡むと「怪しい」という印象を持つ人も多いので、とにかくクリーンなアプリを作るために対策もしています。
例えば、弁護士も交えたチームを作りトラブル対策をしたり、24時間のアプリ内パトロール、年齢が一致しない、少しでも怪しいと思う方は断るといった点です。
実際にマッチングアプリpatersを利用している人は増えているので、このシステムを必要としている人がたくさんいるということです。

仕事で大切なのは『Do or Do』のマインド

日高亜由美さんが仕事をする上で大切にしているのは『Do or Do』です。
どういうことかと言いますと、やるかやらないかではなくDo or Do(やるかやるか)ということで、一言で表すと『やるしかない』ということでしょう。
やるかやらないかを考えている時間があるのなら、どうすれば達成できるのかを考えるとうのが日高亜由美さんのマインドです。
会社を設立するときはアプリ作り未経験だったので、何度もやり直しデザインも一から勉強して相当苦労をしたそうです。
そんな苦労を乗り越えて今ではたくさんの人の夢を叶える会社に成長したのは、日高亜由美さんのマインドと周囲の人の助けがあったからでしょう。


在宅ワークにつきましては、信用のおけるサイトで見つけましょう。はっきり言っておきますが、初めて応募する人に付け入る悪徳案件も珍しくないので、気をつけるようにしてください。
クラウドソーシング専門サイトには、かなりの数の仕事が載っているのです。いずれの仕事が良いのか決めかねたら、副業ラインキングをリサーチしてみて、それらの中から1つピックアップするとうまく行くでしょう。
副業に取り組みたいなら、ネットで探してみることをおすすめします。アルバイト関連雑誌には載ることのない求人が様々掲載されています。
サクラの仕事をするとかチャットレディをやるとか、いとも簡単にお金を稼ぐ方法もないわけではないですが、ずっと稼ぎ続けたいなら、手堅い副業を選定した方が賢明なはずです。
自宅の中で可能な仕事というと、詐欺を懸念する人も多々ありますが、優れた在宅ワーク紹介サイトが発見できれば、信頼して仕事することができます。

「購入してみたいものがあるけれど、自由になるお金が大したことない」とおっしゃるなら、お金を使用しないことを良しとするよりも、ネットビジネスに頑張って所得をUPさせることを考えてみましょう。
お金を稼ぐ方法に関しては、企業で働くのみではありません。在宅ワークだったら、自宅の中だけで経験やスキルを大いに武器にして、自分の都合に合わせて仕事することが可能だと言えるのです。
「短い時間で済ませることができて、容易に稼げるおすすめの副業など存在するはずがない」などと思っていないですか?実のところ短い時間で高い収入を得ることができる仕事もあります。
人に読んでもらいたくてブログを書き続けているなら、アフィリエイト広告を貼ってみた方が良いでしょうね。ラッキーなことに思いも寄らぬ広告収入を手にすることがあります。
メインの仕事でたくさんの収入をゲットできていないと思い悩んでいる人は、会社にバレることなく副収入を手にできる在宅ワークに挑んでみるのも良いと思います。

日本語以外にも自信があるなら、翻訳の仕事がおすすめだと考えます。在宅ワークという位置付けなのに、普通のサラリーマンやOLと同じく、手堅く稼ぐことが可能なのです。
サラリーマン又はOLであろうとも、帰宅してからの空き時間を活用してお金を稼ぐ方法はごまんとあります。ネットを通して副業を始めてみてはいかがですか?
フリマアプリを利用して、押し入れにしまったままの物をキャッシュに変えたりアンケートに返答したりと、副業というイメージ通りみんなができるものもありますので、経験とか技能を有していない主婦の方であろうともやれます。
小さい子供がいる主婦であろうとも、手軽に始められるのが在宅ワークなのですが、仕事として引き受ける以上、軽々しく考えたりしないで、最後までしっかりと勤めなければいけません。
最近は副業に熱心なサラリーマンが増加していると聞きます。「スマホを活用して稼げる方法が存在するのだ」ということが理解されるようになったことも大きな要因だと思われます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL