年商424億円達成?和田佳子がフォーデイズ株式会社を起業したきっかけ

フォーデイズ株式会社は1997年に設立された健康食品や化粧品の開発や販売をしている会社です。日本を代表するとも言われているほどのネットワーク事業で、今では年商424億円と言われています。15期連続で増収を達成し伸び続けるフォーデイズ株式会社は、どのようなきっかけで設立されたのでしょうか。

フォーデイズ株式会社を設立したきっかけ

フォーデイズ株式会社を設立した1997年にはアジア通貨危機が発生していました。アジア通貨危機によって日本経済は大きなダメージを受け、その時に和田佳子さんが勤めていた会社の将来がとても不安になりました。そこで和田佳子さんは起業を決意します。起業した当時はアルバイト2人と健康腹巻きのネットワークビジネスを始めました。

フォーデイズ株式会社はどんな会社?

『FORDAYS』は重ねていく日々のためにという理念で、一日一日幸せを感じながら日々を重ねていってほしいという思いが込められています。今ではフォーデイズ株式会社の従業員数は臨時職員も合わせて264人ですが、起業当初は2年間全く売り上げが伸びない状況でした。そんな中、核酸ドリンク「ナチュラル DNコラーゲン」を発売し、その翌年に年商5億円という結果を出すことができました。フォーデイズ株式会社は人の細胞の中に存在する『核酸』にいち早く着目したことで、今では『核酸栄養のリーディングカンパニー』とまで言われています。また、災害や障碍者などに対する支援活動も積極的に行っている会社です。

フォーデイズ株式会社のこれから

これからのサプリメント市場は大きくなっていくので、「正しい健康知識」を持って信頼される会社であることが大切です。
豊かな生活を送るためにはまずは『健康』あってのものですが、会社の信頼性がなければどんなに良い製品を生み出したところで使ってもらうことができません。だからこそ和田佳子さんは正しい知識とエビデンスを持って、信頼され続ける企業であり続けたいと言います。また人生には限りがあるので、10年後のフォーデイズ株式会社を見据えて確かな製品の提案をしき、流通づくりにも力を入れていきたいそうです。海外へどんどん進出していき、フォーデイズ株式会社の製品を使った人がまた他の人に『伝えたい』と思ってもらえるものを提供していきたいそうです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL