AFCの代表を務める織田慶は元プロボクサー?その異色の経歴とは?

AFCの代表である織田慶さんは投資コミュニティーを利用して、投資の初心者から経験者までを実績に導いていくプロです。
投資に関してはプロフェッショナルで3日だけで100万円を稼いでしまうほどの強者です。
そんな織田慶さんについて経歴やきっかけ、将来のビジョンなどをご紹介します。

織田慶の異色と言われる経歴は?

織田慶さんは1987年に東京で生まれ、母子家庭で育ちました。
勉強は苦手で体育以外の成績は全て1だったそうです。
高校を卒業後はプロボクサーの道に進んだのですが思うようにお金が稼げず、経済的に苦しい日々が続いたので続けることができずに諦めてしまいます。
その後、オンラインカジノやFXやバイナリーオプションのトレーダーとして活動しました。
2017年には投資コミュニティーAFCを開発し、投資の指導者として実践的な内容を細かく説明しています。
また2019年にはFX関連の本を出版しました。

織田慶が投資コミュニティーAFCを開発したきっかけは?

投資コミュニティーAFCを開発したきっかけは、生徒さんの将来への不安から脱出するお手伝いをしたいということからでした。
最近では将来2,000万~3,000万のお金が必要だと言われたり、終身雇用がなくなるといった話を有名企業の社長さんが言うようになりました。
また、今20~30代世代の人は将来年金がもらえないなどと言ったことも囁かれています。
織田慶さんはそんな将来への経済的な不安を解消する手助けができれば、という思いで投資コミュニティーAFCを開発しました。

2織田慶の将来のビジョン

投資には長い歴史があり相場がなくならない限りは、市場もなくなることはありません。
織田慶さんはマーケットは私たちの想像以上に大きく1億円稼いだところで、ほとんど影響がないので生き続けることができると言います。
相場を読むことができれば金銭面や時間にも余裕が生まれますが、それなりに勉強をすることも必要なので仲間や自分自身を守るためにも勉強をし続けたいということでした。
また仲間もしっかり育ってくれた時にはオンラインサロンやセミナーを融合させたコミュニティーだけでなく、トレード学校のようなものも創業したいそうです。
日本では投資に関する知識は遅れていると言われていますが、織田慶さんが言うように10年後はトレードの授業も導入されているかもしれません。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL