株式会社オープンハウス荒井正昭

フォーブス日本の富豪ランキングを見ると、大企業の社長たちがいかに富豪であるかを感じることができます。その中で、2021年において日本の富豪23位となり、資産だけで実に2000億円を超えるまでになったのが株式会社オープンハウスの荒井正昭さんです。

荒井正昭さんの経歴

荒井正昭さんは1965年生まれで現在56歳です。父親も不動産業を営み、休みがちだったにもかかわらず、十分に稼ぎを得る姿を見て不動産業に対する憧れを持つようになります。1987年に不動産会社に入り、営業を担当すると当初苦戦を強いられ、鳴かず飛ばず。しかし、限界までやってみることを肝に銘じたところ、一気に好転し、営業成績はトップに。1997年株式会社オープンハウスを立ち上げるとそこからはトントン拍子に話が進んでいき、2013年には東証一部上場を果たします。

地元への貢献も

1兆円企業を目指し奮闘を続ける株式会社オープンハウス。荒井正昭さんは必死に会社経営を行う一方、地元である群馬県太田市に少しでも還元をしようと様々な活動を行っています。例えば、地元太田市で活動するプロバスケットボールクラブの会長を務めたり、太田市に5億円の寄付を行ったりと、資産を還元する動きを見せています。欧米の大富豪は何かと寄付を行うのが一般的ですが、荒井正昭さんはそれを踏襲しているのか、自治体への寄付を積極的に行うなど、今までとは違う富豪の姿を見せています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL