株式会社オンテックス小笹公也

マンションや住宅などのリフォームを手掛ける会社、株式会社オンテックス。この会社で代表取締役社長を務めるのが、現場で経験を積み、独立をはたして結果を出した小笹公也さんです。

小笹公也さんの経歴

小笹公也さんは1963年生まれで現在58歳です。板前修業や塗装業など中学卒業後、手に職になるものを行ってきた小笹公也さん。4年で独立を果たすと、最初は孫請けを中心に成長を目指します。時代はバブル景気へと経済が明るくなっていく時期で、これにうまく乗り、仕事に恵まれます。しかし、バブルがはじけると下請けの限界を感じ始めます。下請けではどうにもならないと自社ブランド品の開発に着手。見た目でわかる塗り替え時期を目安に営業を行う中、お客さんから様々な要望が飛び交い、自然とリフォームもこなすようになります。こうして2000年にはオンテックスに改め、製造と販売、塗装までを行う会社として成長を遂げます。

兄弟で馬主に

兄も会社を経営し社長を務めていますが、兄弟で馬主をやっているのはあまりにも有名な話。ただ兄よりも先に結果を出したのは弟の小笹公也さん。2021年にはテーオーケインズで中央競馬のトップであるG1を制覇。馬主歴は両者さほど長くなく、ここ10年程で参入してきており、兄弟馬が日本ダービーなどで雌雄を決するような場面が出てきたとしてもおかしくありません。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL