先祖は江戸時代の儒学者!?SBIホールディングス社長の北尾 吉孝さんについてまとめてみました!

導入

2017年の仮想通貨ブームのタイミングで、とある金融機関の代表が特定の仮想通貨に関する肯定的な意見を述べて、本人とその仮想通貨のプレゼンスを上げた事がありました。それがSBIホールディングスの社長である北尾 吉孝さんです。
今回は北尾さんご自身やソフトバンクの孫さんとの関係も含めてまとめてみたいと思います。

北尾家は経営者一族!?北尾さんの経歴について

北尾さんは1951年に兵庫県でお生まれになりました。中高の経歴は見当たらなかったのですが、1974年に慶應義塾大学をご卒業され、野村證券に入社。その後、ケンブリッジ大学の経済学部をご卒業されて、野村證券の海外投資顧問室やニューヨーク拠点に異動されるなど、グローバルに活躍をされるようになります。そして1989年には投資銀行 ワッサースタイン・ペレラ・インターナショナル社(ロンドン)の常務取締役に就任。2年後の1991年には兼務という形で野村企業情報株式会社の取締役にも就任されます。
その後、1995年にソフトバンクが上場するにあたり、野村證券が主幹事になったことが縁となり、ソフトバンクの孫社長と出会います。そこで、孫さんから直接のスカウトを受けて同社常務取締役に就任されました。
そこから4年後の1999年にソフトバンク・インベストメント(現 SBIホールディングス)の代表取締役社長に就任されます。
北尾さんご自身の経歴もさることながら、注目すべきは北尾さんの一族です。
北尾さんの先祖の北尾墨香は儒学者として名を遺す人物で、曾祖父は大阪朝日新聞の専属販売店を経営していました。祖父は東洋綿花(豊田通商)の社長で、父の北尾精造氏は洋書の輸入販売会社を経営されていたそうです。それに北尾さんの一族は代々慶応育ちのようですね。いわゆる華麗なる一族といっても過言ではありません。

あの人との関係は?

‹LŽÒ‰ïŒ©‚Å‘Å‚¿‡‚킹‚ð‚·‚éƒ\ƒtƒgƒoƒ“ƒN‚Ì‘·³‹`ŽÐ’·i¶j‚Æ–k”ö‹gFŽæ’÷–ði“Œ‹ž“s“à‚̃zƒeƒ‹‚Łj

SBIホールディングスといえば、社名からして真っ先に思い浮かぶのはソフトバンク。そしてその社長である孫正義さんです。SBIは間違いなくソフトバンクから派生した会社でしたが、SBIの株を保有していたソフトバンク・エーエムが保有する株を2006年にゴールドマンサックス証券に売却。これによってソフトバンクとは資本関係がなくなります。
ちなみに、北尾さんと孫さんとの関係が悪くなった訳ではなく、孫さん自身も「定期的に食事を共にする約束で資本関係の解消に応じた」と冗談交じりに語っていたそうです。

まとめ

北尾さんは現在もSBIホールディングスの代表を務めています。また、彼の人生観や道徳精神は多くの人を惹きつけています。流石は儒学者の子孫であるといったところでしょうか。ネット証券業界で最大手ともいわれるSBI証券と北尾さんの活躍には今後も注目しておきましょう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL