中国から日本へ。林志英がフォーマル子供服専門店KAJINの代表取締役になるまで

2001年にネットショップのフォーマル子供服専門店KAJINを起業した林 志英(ハヤシ シエ)さんは中国生まれ中国育ちです。
ネットショップの運営をしながら女性ライフデザイナーとして本も出版しています。
ただ海外で起業をするというのはとても大変なことですが、林志英さんはなぜ日本に来てまで今の仕事をしたいと思ったのでしょうか。

林志英がフォーマル子供服専門店KAJINを起業するまで

林志英さんは中国蘇州生まれで学生の頃から日本語に興味があったため、大学では日本語学科を専攻していました。
そして中国から来日し日本の大分大学大学院で経営を学び、卒業後に物流業務の会社に就職をします。
就職先に不満があったわけではありませんが、企業をしたいという夢を捨てきれずに『フォーマル子供服専門店KAJIN』を週末起業としてスタートしました。
起業をしてすぐは出産をしたばかりということもあり、忙しくて両立するのが大変でした。
ただ林志英さんがずっと本当にやりたいと思っていたことだったので、苦にならずに続けられました。

林志英さんの起業への思い

林志英さんは自分が幼い頃にフォーマルドレスのような華やかな衣装を着た思い出がなく、そういう衣装に対して憧れがありました。
そんな林志英さんが初めてフォーマルドレスを着たのが24歳の頃です。
フォーマル服への強い憧れが『日本のフォーマル市場を変えていきたい』という思いになりました。
それと同時に自分の子供にはフォーマルドレスを着て、華やかな思い出を作ってほしいという願いから起業に至ったということです。

林志英さんの将来の夢

林志英さんの将来の夢は日本一品数が揃っているフォーマル子供服専門店にすること、そして世界一熱くチャーミングな女性社長になることです。
それともう一つ、林志英さんには大きな夢があります。
貧しい国のスポンサーになり、小学校を建てたいということです。
今でもできる限りの支援をしていきたいと服を購入して頂いた人に、ショップレビューを書いてもらうたびにワクチンを1本送っています。
中国から日本に来て学び、そして働き、起業をする。
林志英さんの情熱があれば夢が叶う日も遠くないのかもしれません。


外出することが少ない主婦だとしても、手間を掛けずに取り組めるのが在宅ワークなのですが、仕事として依頼されるわけですから、中途半端に考えるようなことは控えて、きちんと勤めるようにしましょう。
クラウドソーシングのサイトを見てみますと、多様な仕事が公開されています。副業におすすめ可能だと言える仕事等も多数あるので、差し当たり利用登録から行ないましょう。
外国語に自信があるというなら、翻訳の仕事がおすすめの一番手です。在宅ワークに変わりはないのに、一般のビジネスマンと同じく、手堅く稼ぐことが適います。
自宅から出られない理由があったとしましても、お金を稼ぐことが適わないということはないのです。「副業」あるいは「在宅ワーク」といった語句で検索してみて、自分に最適な仕事を見い出しましょう。
休みの日にその日限定のアルバイトに応募して小遣い稼ぎをするというなら、スキルや経験を活用して、クラウドソーシングで働くほうが効率はいいでしょう。

本当の仕事で多くの収入が得られないとお思いの方は、会社にバレずに副収入を得ることが可能な在宅ワークに取り組んでみることをお勧めします。
副収入を得るために頑張りたいとお思いなら、手すきの時間を有効活用してネットビジネスにチャレンジすべきです。大事な知識は、進行しながら身につけていくのでも構わないと伝えておきます。
アンケートに協力するのみといったお手軽なものから、能力や経験を活用して働くことができるものまで、主婦の方に最適な副業は諸々あります。
サラリーマンが副業にチャレンジする時は、在宅ワークは無視して、アフィリエイトなど手間暇かけずに、合理的に収入を手にすることができる仕事の方が良いと思います。
スマホを使用してお金を稼ぐ方法を調査していると言うなら、「在宅ワーク」という文言で検索してみると良いと思います。あなたの能力や経験を役立てることができる仕事が見つかるでしょう。

サラリーマンのままで収入増を図りたいなら、仕事場には黙って副業をやり始めればいいかもしれません。スマホ1台所有していれば、容易く動き出すことが可能なはずです。
「若干でも自由気ままに使うことが可能なお金が増えたら嬉しいなあ」とお思いでしたら、ネットを活用して小遣い稼ぎをしてみることをおすすめしたいと思います。
「デザイン学校を出ている」、「イラストでご飯を食べていた」、「英語がペラペラ」など、優れた経験とか能力の持ち主なら、クラウドソーシングの仕組みを利用することで、小遣い稼ぎをすることが可能なのです。
なかなか給料が上がらないと参っているサラリーマンは、自前の技能を活かして、休みの日などに副業を行なってお金を稼ぐようにすべきです。
在宅ワークと呼ばれているものは、「収入増が望めない」と途方に暮れているサラリーマンには最適の副業なのです。仕事場に気付かれることなく収入を加増させることが期待できます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL