アイテックインターナショナル山口孝榮社長はどんな人? 真実を公開します!

アイテックインターナショナルはsnsなどで今話題になっている『マトリックスエキス』の他にも、再生医療を利用した化粧品や健康食品の製造や販売を行う会社です。山口孝榮さんが考案したフランチャイズ加盟店ビジネス法という経営戦略によって会社をどんどん大きくし、東京銀座にクリニックもオープンさせています。一度は倒産させてしまった会社を3年で立て直し、ここまで築いてきた山口孝榮さんは一体どんな方なのでしょうか。

山口孝榮さんの経歴は人?

山口孝榮さんは1954年に福井県美山市で百姓の家に生まれます。当時の山口孝榮さんの家は裕福ではなく、「お金持ちになりたい」という思いから経営学の勉強を始めたそうです。大学へ進学しましたが、もちろん専攻は経営学でした。ただ大学に入学してすぐに違和感があり、山口孝榮さんは大学をやめてしまいます。社長になって成功するとお金持ちになれるのに、なぜ経営学の講師は自分で会社を立ち上げないのだろうか。こんな風な疑問を覚えたそうで、大学をやめてからは、アクセサリーの製造販売をする仕事に一旦就き、1975年に会社を設立しました。

アイテックインターナショナルを設立したきっかけは?

山口孝榮さんが会社を設立したきっかけは、大学時代のアルバイトでした。山口孝榮さんは短い大学時代の間に訪問販売を友人と行った結果、半年で2,000万円という売り上げを叩き出しました。バブル期と重なっているとはいえ、この結果に山口孝榮さんは間違いなく手応えを得たのでしょう。大学で4年間かけて経営学を学ぶよりも自分で行動していった方が早いと思い、19歳にして会社を立ち上げました。

アイテックインターナショナルはどんな会社?

山口孝榮さんは自分が経営している4つの会社を合併させて、2018年にアイテックインターナショナルという社名に変更しています。アイテックインターナショナルは『より美しく、より健康に』をモットーにしています。snsで話題沸騰中のマトリックスエキスは間葉系幹細胞培養上清をはじめとして、EGFやFGF、KGF、IGF、TGFなど肌の若返りに最高の注目成分を独自配合している美容液です。マトリックスエキスなどのアイテックインターナショナルの化粧品は、30~40代のエイジングケアをし始める、もしくはしている年齢にとても人気が高い商品です。アイテックインターナショナルの商品は化粧品だけでなく、健康に気を遣った商品も多数あります。健康美容意識の高い藤原紀香さんが結婚式の引き出物にしたと有名になった水素バスなどの水素関連の商品、サプリメントやデンタルケア製品、シャンプーなどのヘアケア商品まで揃っています。また、アイタックインターナショナルの化粧品の製造工場は、デパートコスメとして有名なシュウウエムラの工場と同じで山口孝榮さんはこだわりを持っている部分です。アイテックインターナショナルには全国に加盟店があり、商品を購入したい場合は加盟店で購入するか通販を使用するかの2択になります。

山口孝榮が構築したフランチャイズ加盟店ビジネス法が誕生したきっかけ

山口孝榮さんは19歳の時に起業をし、一度失敗をして会社は倒産してしまっています。ただそれは山口孝榮さんが悪かったのではなく、取引先の倒産によって自分の会社も倒産に追い込まれてしまったのです。会社が倒産したことで資金は0の状態になったのですが、資産家からの支援もあり、コンビニ経営(フランチャイズ)を始めます。山口孝榮さんはコンビニ経営によってフランチャイズで成功するためのヒントを得たのか、最終的にフランチャイズ加盟店ビジネス法を作り出したのです。また、山口孝榮さんがコンビニ経営でヒントを得て、このような経営戦略をとった理由は会社を大きくするためだけではありませんでした。化粧品などの販売をして自分が幼い頃に思うお金持ちになってからは、周りの人にも裕福な生活ができるようになってほしいと思ったそうです。そこでアイテックインターナショナルの加盟店になってもらいつつファンにもなってもらい、人に紹介することでファンを増やしていくという方法を作り上げたのです。

山口孝榮の今後のビジョン

山口孝榮さんはアイテックインターナショナルの加盟店研修だけでなく、毎日講演やスピーチなどで全国各地を回っているそうです。山口孝榮さんは今後もアイテックインターナショナルの商品をどんどん増やしていくそうで、人々が求める美しく、健康にというポリシーに基づいた商品が出てくるでしょう。またアイテックインターナショナルのクリニックも全国展開していき、簡単に化粧品なども購入できる日も近いかもしれません。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL