Stuart Gibson(スチュアート・ギブソン)氏が代表取締役を務めるECR株式会社の評判や実績をわかりやすく簡単に解説!

香港に本社があり、日本や中国、シンガポールなどアジアを中心に展開するなど、主に物流施設・データセンターに関する投資や開発などを行っているESR株式会社。このESR株式会社の代表取締役を務めるのがStuart Gibson(スチュアート・ギブソン)氏です。

今回はStuart Gibson(スチュアート・ギブソン)氏の情報やESR株式会社の情報や実績、評判などをご紹介します。

そもそもESR株式会社とはどんな会社か

Stuart Gibson

ESR株式会社は物流施設に関するアセットマネジメントや開発など、アジア太平洋地域を中心に活動している会社です。ITの発達に伴い、景気循環がなくなったとされる「ニューエコノミー」を物流面から支えるほか、運用を行うグループ会社などを立ち上げて日々の発展につなげています。

ESR株式会社の運用資産残高は合計で約1500億ドルと、日本円で20兆円ほどと規模が非常に大きく、2000人の従業員が働いており、規模的に世界3位も納得です。

ワーカーファーストである理由

ESR株式会社が手掛ける物流施設には様々な共通点が見られます。それが託児所などを設置していることです。一定の規模以上の施設の場合は託児所だけでなく、ラウンジやショップを併設しており、施設で働く従業員にとって喜ばれる設備を設置し、安心して働ける環境が整えられます。

これはStuart Gibson(スチュアート・ギブソン)氏が来日直後に感じたことが関係しています。来日間もない時期の物流施設は味気ないところが多く、冷たさを感じさせてしまい、ここで働きたいという環境ではなかったと言います。

わくわくした気持ちで働いてもらいたいという願いで、独立後会社を立ち上げる際にはワーカーファーストを掲げ、人手不足が改善されるような施策を立て続けに打っていきました。託児所は実質無料で利用できるなど、子育て世帯からすればこれほどいい環境はありません。

先進的物流施設とデータセンター

ESR株式会社が展開する「先進的物流施設」は、無人で自動化が行える施設などを備えた施設です。元々はプロロジスというアメリカ・サンフランシスコにある会社が始めており、世界1位の会社ですが、実はここにStuart Gibson(スチュアート・ギブソン)氏が働いており、2000年に来日したのもビジネスがきっかけでした。

一方、データセンターは様々なコンピューターやデータ通信の設備の運用などをしていく場所です。通信回線を多く確保して安定したサービスを提供できる一方、地震などの災害でトラブルになるのを避けるため、耐震構造とするほか、設備も最新鋭です。ESRのデータセンターは大阪府にあり、今後の発展を想定しています。

Stuart Gibson(スチュアート・ギブソン)氏はどんな人物か

Stuart Gibson

ここからはESR株式会社の代表取締役を務めるStuart Gibson(スチュアート・ギブソン)氏に関する情報についてご紹介します。

Stuart Gibson(スチュアート・ギブソン)氏の経歴

Stuart Gibson(スチュアート・ギブソン)氏は、1964年生まれで現在59歳です。スコットランド出身のStuart Gibson(スチュアート・ギブソン)氏は、長年アジアを中心に不動産や投資の仕事に携わっており、200年に日本に来日してからは、大半を日本で過ごすことになります。日本での永住者としての資格を取得するなど、日本での活動を活発化させます。

2006年にはレッドウッドグループジャパンを立ち上げると、経営統合などを重ねる中で2016年にESR株式会社に商号を変更し、香港証券取引所に上場を果たすほか、買収を重ねる中で、アセットマネジメントの会社としては現状で世界3位の規模を誇ります。

あのサッカーチームのオーナー!

Stuart Gibson(スチュアート・ギブソン)氏はサッカーが大好きで、スコットランドにあるプロリーグにおいてオーナーを務めます。レンジャーズというチームで、同じエリアにセルティックというチームがあり、いわゆるダービーマッチが白熱します。セルティックといえば長年日本選手が在籍しており、日本との相性は抜群です。

サッカーチームのオーナーとなると規模が大きいですが、会社自体の規模が大きく、現状も株式を20%以上保有しているため、かなり余裕があると言えなくもありません。

また東京にあるアマチュアリーグにも賛同し、スポンサーとなっています。このリーグは外国人を中心としたリーグで、言葉の問題などでうまくコミュニケーションがとれず、日本のチームではうまくいかなかった選手たちが集まり、リーグ戦を戦っており、そこに賛同しているのがStuart Gibson(スチュアート・ギブソン)氏です。

ESR株式会社の実績について

Stuart Gibson

ESR株式会社は2006年から今日に至るまで様々な成長を見せています。ここではESR株式会社の実績についてご紹介します。

ブリティッシュビジネスアワード2022の最高賞を受賞

日本とイギリスそれぞれの国の産業や文化の振興をたたえる賞として在日英国商業会議所が主宰するブリティッシュビジネスアワード。2022年に行われたブリティッシュビジネスアワードにおいて、ESR株式会社は最高賞である「Company of the Year」を受賞しました。

SDGsにもつながってくるサステナビリティなどに貢献したことがその要因で、先進的物流施設を立ち上げるだけでなく森の保存や再生、ラウンジやワークスペースの確保などを行うほか、日本における運用資産の残高を激増させ、大きな企業成長につなげていることも最高賞にふさわしいと評価されました。

Stuart Gibson(スチュアート・ギブソン)氏もこの結果には大喜びで、創業当初はスターバックスコーヒーを中心に打ち合わせをしていたのが懐かしく、そこからここまでの成長になったことは感慨深いとコメントを出しています。

EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2021を受賞

EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤーは、世界で活躍する起業家を表彰するもので、各国で代表者が決められます。ちなみに2022年だと、日本の代表として星野リゾートでおなじみの星野佳路さんが選ばれています。

2021年12月、ESR株式会社の2人の共同創設者がEY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2021の不動産部門で大賞に輝きました。Stuart Gibson(スチュアート・ギブソン)氏はこの共同創設者の中の1人です。このタイミングは大規模な買収が完了する直前であり、より大きなステップアップの前に受賞しており、更なる成長に期待が集まっていました。

ESR株式会社の評判について

Stuart Gibson

ESR株式会社の評判に関しては、様々な賞を受賞している以上、評判がいいことは間違いありませんが、ここでは改めてその評判をチェックしていきます。

働く人にとって評判がいい

ワーカーファーストを心がけるESR株式会社では、働く人にとってとても便利な設備を積極的に設置していくため、一般的な企業で働くよりも利便性がよく、先ほどもご紹介した託児所があることで女性の社会復帰を後押しします。保育所を見つけられずに社会復帰を断念する女性が多いことを考えると、ありがたいとしか言いようがありません。

転職サイトの口コミなどを見ても、ネガティブな口コミはあまり見受けられませんが、もしも悪い情報やネガティブな意見があればすぐに広まりやすいため、ネガティブな口コミがないこと自体、喜ばしいことと言えます。

Stuart Gibson(スチュアート・ギブソン)氏も自らの経験からより働きやすい環境を提供しようという気持ちで環境の整備を行ってきましたが、これらの整備によって世界的な賞を勝ち取るなど、好循環のスパイラルの中にStuart Gibson(スチュアート・ギブソン)氏を始め、ESR株式会社があると言えるでしょう。

一般の人にはなかなかなじみがない

先進的物流施設やデータセンターなどは一般の人からすれば、あまりなじみがなく、世間一般にESR株式会社の評判が伝わるような状況にはありません。ESR株式会社は言ってしまえば縁の下の力持ちであり、いわゆる裏方。しかし、ここまでの歩みは着実に日本の先進的物流施設やデータセンターをリードできるもので、Stuart Gibson(スチュアート・ギブソン)氏の功績が光ります。

評判こそあまり聞かれないのは、裏を返せば縁の下の力持ちとして十分に機能しているからであり、いい意味で目立たず、分かる人には理解してもらえるという状況はかなり健全と言えるでしょう。

まとめ

Stuart Gibson

ESR株式会社はStuart Gibson(スチュアート・ギブソン)氏など共同創業者によって作られ、数々の買収を経て大幅な成長を遂げています。そして、数々の賞を受賞するなど、世界的に認められているのがESR株式会社。

先進的物流施設やデータセンターの存在は決して無視できないものであり、日本の産業を支えていく上で必要不可欠です。Stuart Gibson(スチュアート・ギブソン)氏の陣頭指揮で、これからも日本に多くの先進的物流施設やデータセンターが作られていくことでしょう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL