森 泰輝さん 株式会社VAZ代表取締役社長の経歴をまとめた

今では小学生の憧れる職業として上位にランクインするYouTuber。「好きなことを仕事にする」というメッセージで、老若男女とわず多くの方々がYouTubeというプラットフォームで活動をしています。今回はそんな中で多くのYouTuberを抱える事務所があります。それは株式会社VAZ。今回はその株式会社VAZで代表取締役社長を務める森泰輝さんについてまとめてみます。

森さんの経歴

1990年生まれ、29歳の森泰輝さんは兵庫県の出身です。実家が家具屋さんだったという森さんは、家族から家業を継ぐように言われますが、地方都市において家具で勝負をすることに抵抗を感じたこともあり、それを断ります。その後、早稲田大学に合格、東京に上京します。
以前であればテレビタレントが憧れの人になりやすかったものの、今の若い人にとってその存在はYouTuberなどのインフルエンサーへとシフトしています。その変化についていける既存の企業がなかったため、これなら勝負になると思い、会社を立ち上げました。そんな森さん、実は大学時代に会社を設立していましたが、結果的に失敗に終わり、大学生でありながら1000万円の借金を抱えてしまいます。大学3回生から4回生のはじめまでに多くの同回生を含めて内定が出始め、多くの学生がちゃんとした会社に働くことが決まっていく中で、森さんは事業で作った借金を抱えているという状況でした。森さんはそれでもできる限りのことをして借金を返済することに試みます。
ヒカルさんやラファエルさんといった有名YouTuberが一時所属し、就職支援サービスなども手掛けている株式会社VAZ。現在は音楽事務所や放送局、大手芸能事務所などから資金提供を受けるなどし、その資本金は10億円を超え、大企業と同じレベルにまで成長しています。YouTuberは自らが個人事業主として切り盛りするケースが多い一方、何かと炎上しやすく、トラブルに巻き込まれやすいことも多々あります。そんな時に株式会社VAZのように、いわゆる芸能事務所的に守ってくれる存在があれば、個人より法人の力を使える事が多い事から、多くのYouTuberが在籍しています。

まとめ

資本金が10憶円を超える会社は上場企業でもそこまで多くないかと思います。この現状をとらえると資本の流れが大きく変わっている事が容易に想像できます。現在は有名YouTuberがそこまでいない一方で、今後有名になる事が期待されるという裏返しともいえます。今後の森さんの活動に期待です。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL